Japan Sea Innovation Platform

政府系機関・VC・アクセラレータ経由で探す

ローカルのスタートアップとの繋がりを有し、企業との連携にも力を入れる政府系機関やベンチャーキャピタル、
アクセラレータ等を紹介します。コンソーシアム企業は、JSIP運営経由で紹介を依頼することが可能です。
(実際のご紹介可否は個社の状況に依ります)

政府系機関

Action Community for Entrepreneurship: ACE

シンガポールのスタートアップのインキュベーションを主目的とするコミュニティ。企業との連携も支援する機能を有し、イノベーションチャレンジ等を共催プログラムも

Agency for Science Technology and Research

バイオ、化学、素材、エレクトロニクス等の科学技術分野に特化した、公的なR&D機関。科学者・技術者、研究施設、特許等を保有し、当該分野での企業とのオープンイノベーションにも積極的。

Economic Development Board (EDB)

海外からの投資や企業進出を増やすことと、国内企業の成長支援をミッションとする当地JETRO的存在。政府の補助金・インセンティブ精度の運用も担う他、EDBIを通じたスタートアップ投資も行う。日本語のウェブサイトを通じて、日系企業向けにも積極的に情報発信を行う。

Enterprise Singapore

シンガポールを国際的なスタートアップ/商業ハブに育てることをミッションの一つとする、当地のJETRO的存在。スタートアップの無料データベースや子会社を通じた投資機能も有する

Infocomm media development authority

情報通信メディア開発庁という一省庁ながら、政府機関・企業とテック系企業をマッチングするOpen Innovation Platformや、スタートアップ認定プログラムAccreditation@SGDを運営する

日系ベンチャーキャピタル

Mars Growth Capital

APAC地域を中心に、スタートアップ企業向けの貸出を手掛けるVenture Debt Fund。企業の成長をnon-dilutiveな資金でサポートする。三菱UFJ銀行及びLiquidity Capital社(在イスラエルのfintech企業)による合弁会社。

BEENEXT

インド、⽇本、東南アジアのシード・アーリーステージに主に投資を行うVC。「起業家の起業家による起業家のためのパートナーシップファンド」を掲げ、ローカル起業家も巻き込んだコミュニティ運営にも注力

EV Growth Venture Capital

2018年にEast Ventures、YJ Capital(現ZVC)、SMDV(インドネシアシナルマスグループ)の合弁により設立された、インドネシアを中心としたグロースステージ投資を行うVC。現在はEast Venturesグループ。

Genesia Ventures

日本と東南アジアにおいてシード・アーリーステージのスタートアップに投資を行うVC。オープンイノベーション関連のコンテンツを発行。東南アジアでは、ジャカルタとベトナムにオフィスを構える。

Global Brain

日本・アジアでマルチステージに投資を行うVC。KDDI・SONY・三井不動産・ヤマトホールディングス等の日系大手企業向けにCVC運用・イノベーション支援をサービスとして行っているのが特徴。

GMO VenturePartners

グローバルでフィンテックやインターネット領域でマルチステージに投資を行うGMO Payment Gateway傘下のVC。SEAではインドネシア、シンガポール向けの投資が中心。

KK Fund

東南アジア、香港、台湾のシードステージスタートアップに投資を行うVC。Industrial Growth Platform Pte. Ltd.と共に、大企業の新規事業創出も積極的に支援する。

Rebright Partners

東南アジア・南アジアのミドルステージのフィンテック・ITスタートアップに投資を行うSBIグループ傘下のVC。シンガポール外のエマージングマーケットに特に注力しているのが特徴。SBIグループのネットワークを活かし、日本進出・事業連携もサポート。

SBI Ven Capital Pte. Ltd.

東南アジア・南アジアのミドルステージのフィンテック・ITスタートアップに投資を行うSBIグループ傘下のVC。シンガポール外のエマージングマーケットに特に注力しているのが特徴。SBIグループのネットワークを活かし、日本進出・事業連携もサポート。

Spiral Ventures

東南アジアのアーリー・グロースステージ、およびインドのシード・アーリーステージに投資を行うVC。東証マザースへのIPO支援コンサルティングサービスを東南アジアで展開しているのが一つの特徴。

ローカルベンチャーキャピタル

DO Ventures

サイバーエージェントキャピタルベトナム出身者等が立ち上げたベトナムのVC。主にベトナムのシード・アーリーステージのITスタートアップへ投資を行う。

Vertex Holdings

シンガポール政府系投資ファンドテマセク傘下のVCネットワーク。東南アジア・インドを含め、世界各国で主にアーリーステージスタートアップに投資を行う。日系企業とのパートナーシップを積極的に支援。

インキュベーター・アクセラレーター

500 Global

グローバルでアクセラレータやスタートアップ向けVC投資を行う500 Global (旧500 Startups)の東南アジア組織。VCとしてはインドネシア、シンガポール、マレーシアに注力。アクセラレータはローカルのシード向けのものや、東南アジアでの事業展開を目指す海外のグロースステージ向けのものなど、複数の種類が存在。

ICMG Pte Ltd

ICMGは「世界にとって本質的に意義のあるイノベーションを創り出す」という使命感を持つ、イノベーションコクリエーターです。日本、シンガポール、インド、シリコンバレー、スウェーデン等を軸としてグローバルイノベーションエコシステムを形成し、多様なステークホルダー(コーポレート、スタートアップ、アクセラレーター、政府・地方自治体、大学・研究機関、学生・市民等)との共創型イノベーションをリードすることを通じて、地球規模の課題解決、そして、持続可能な未来の創造を目指しています。

NUS Enterprise

アジア最高峰の大学シンガポール国立大のスタートアップ支援組織。過去10年で600以上のスタートアップを輩出。グローバル企業とのコラボレーションに積極的。Block71と呼ばれるインキュベーション施設をシンガポール・インドネシア・ベトナム含め、世界7か所で運営。

Startupbootcamp

コペンハーゲン発のグローバルアクセラレータ。シンガポールを含む、世界各都市で3-6か月のプログラムを展開。投資家や企業との繋ぎ込みに積極的。時々によってセクターやスポンサー企業が決まっている。