Japan Sea Innovation Platform

セクター別最前線のリソース一覧
×

フィンテック

検索結果:3件
FinTech in ASEAN 2021: Digital takes flight
言語:英語

ASEAN6カ国(インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、タイ、ベトナム)のB2Cフィンテックを取り巻く状況を、ざっくりと把握する際に便利。図表も多いが、業界関係者のインタビューからのコメント引用もあり、現地の感覚に触れられる点もよい。

発行元:UOB, PwC, SFA

発行月:2021年11月

THE ASEAN FINTECH ECOSYSTEM BENCHMARKING STUDY
言語:英語

欧州の金融ハブであるUKのケンブリッジ大学によって行われたベンチマーク調査報告書。フィンテックの各種ビジネスモデル、ビジネス戦略、顧客セグメント、採用テクノロジーなどを、包括的かつかなり詳細に掘り下げる内容。フィンテック領域で実際にこれから事業開発をする人向けに、事業の切り口や対象セグメント等を検討する上で役立てて欲しい重厚なレポート(手軽に全体感を掴みたい人にはあまりオススメできない)。

発行元:University of Cambridge (Judge Business School), ADBInstitute, FinTechSpace

発行月:2020年08月

SINGAPORE FINTECH LANDSCAPE 2020 AND BEYOND
言語:英語

アジアの金融ハブであるシンガポールの、フィンテックスタートアップエコシステムの過去と現在について、市場・投資・規制・人材の4つの角度より概要を解説した調査報告書。単純に数字を切り取ってきたのではなく、その背後にあるストーリー(例:シンガポールが金融ハブとして飛躍を遂げるきっかけとなった政府施策)も含めて纏めている点が秀逸。全体としては35pとライトなレポートなので、読みやすい。

発行元:Singapore FinTech Association, Oliver Wyman

発行月:2020年12月

3 件中 1 - 3 件を表示
絶対に外せない基本のリソース

東南アジアでイノベーション活動を効果的に進めていく上で、マストでチェックしておくべき「編集委員オススメ」のリソースを日本語解説付きでまとめました。

セクター別の最前線リソース

日系企業各社から注目を集めている6つのトレンドに関連した有用なレポートや情報ソースを集めました。

セミナー・イベント

オンライン・オフライン問わず、様々な分野の専門家や有識者の声を聞くことができるイベント(日・英)をご紹介します。